荒関洋子 ことば発達法

ことば発達法で少しずつ言葉が出てくるようになりました

 

荒関式ことば発達法を実践すれば、ある日突然、
言葉を理解できるようになり、少しずつ言葉が出てくるようになります。

 

 

 

 

荒関式ことば発達法は、言葉の遅れや自閉症を解消していく方法を教えてくれます。

 

ことばの発達障害学習教材DVDを実践した親御さんからも評判です。

 

言葉を発するのが遅いと言われている子供の言葉が
スムーズにでるようになる方法を公開しています。

 

このマニュアルには、保育士と幼稚園教諭の資格を持つ
荒関洋子さんの、幼児教育25年間のノウハウが結集されています。

 

 

荒関先生は、自閉症、ダウン症、アスペルガー、脳性小児麻痺など、

 

何らかの理由で脳に障害を受けてしまった子供でも、
言葉を話せるようになることができると断言しています。

 

 

荒関式ことば発達法を実践すると

 

荒関式ことば発達法で、言葉の能力を高めることができるようになると、
理解力がつくようになります。

 

想像力は理解することを成立させる能力で、
想像する脳の活動の材料は、言葉なんです。

 

言葉を発達させるには、0歳から始めて、言語中枢が完成する
とされている8歳まで続けると効果が期待できます。

 

そして、年齢の低いうちに働きかけることにより、
子供の持つ想像力の可能性を広げることができます。

 

相手の気持ちを理解できる能力を高めることになるので、
早ければ早いほど高い理解力がつくんですよ。

 

 

荒関式ことば発達法を実践すれば、ある日突然、言葉を理解できるようになり、
少しずつ言葉が出てくるようになりますよ。

 

 

アスペルガー発達障害も改善

 

わたしは、数年前から代替医療について色々調べる中で、
発達障害は、本当は改善できるのではないかと思うようになりました。

 

 

そんな中で、こちらのプログラムとも出逢ったわけですが、
とても実践的&具体的で、それでいて日常生活の中で

 

気を付けていけばよいことが多く、取り組みやすかったです。

 

また、続けていく中で、行きつ戻りつな時もたまにはありますが、
日々子供の状態が変化していったので驚きました。

 

 

以前より、自分の気持ちをスムーズに穏やかに
人に伝えることができるようになったと感じます。

 

人に対する緊張が、だいぶとれて、
人との関わりを楽しめることも増えてきたようです。

 

衝動性が減り、落ち着いて考えたり行動できるようになりました。