ごあいさつ

 本園はカトリック教会の男子修道会である淳心会を母体とする学校法人淳心学院が経営し、1954年(昭和29年)に県の公認を受け幼稚園として幼児教育の充実に努めてまいりました。
 2012年(平成24年)度より幼保連携型認定こども園として、0歳〜就学前の子どもたちのための幼保一体化施設となりました。
 2015年4月1日より子ども・子育て支援新制度施行に伴い、幼保連携型認定こども園としてより充実した施設をめざし、園名を『聖テレジアこども園』に変更いたしました。
1号認定、2号認定、3号認定すべてのお子様が利用できる施設として乳幼児の教育・保育の中心的な役割を担い、質の高い幼児教育を提供いたします。

                              

認定こども園         
聖テレジアこども園
園長  朴   孝 鎮


   

教育目標
健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養う。
他の人々と親しみ、支え合って生活するために、自立心を育て、人とかかわる力を養う。
経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養う。
感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現力を養い、創造性を豊かにする。
周囲の様々な環境に好奇心や探究心をもってかかわり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う。
教育方針 こころ豊かでたくましく
 ◆一人ひとりの個性を認め、その子に応じた適切な指導を行う。
 ◆子どもの意思と知恵とを大切にし、自立する力を育てる。
 ◆カトリックの精神に基づき、人への愛情や信頼感と感謝の心を育てる。
教育

重点
◆カトリック教育
あたたかい対人関係の土台をつくる。
◆直接体験、自然体験教育
園外に出て、自然に触れて遊ぶことにより直接的、具体的な体験を推進する。
◆国際理解教育
あそびを通して英語に触れたり、他国の文化に触れる。
◆道徳教育
集団生活で規範意識の芽生えを培う。
◆人権教育
人権を大切にする心を育てる。
◆食育
食を通して健康な心とからだを育てる。
特色ある
教育
モンテッソーリ教育
モンテッソーリ教育は、子どもが持っている力(自己教育力)を信頼し、自立を援ける教育です。
       
     
     
     
      
所 在 地

   

(上の地図のこども園をクリックすると見取り図が表示されます)
園児数

職員数