さてさて、始めますか・・・

久々の旅日記の始まりです。

実は、こんな座席の裏にトップページのロゴはついて居るんです。

最近の航空機には、天下の「RECARO」のシートが装着されているようです。

これから、お江戸へ向かいます。

6月21日

夕方の6時頃にはこんな名前の駅前におりました。

京成 立石駅

東京スカイツリーからちょっとだけ郊外へ出たところにある、下町情緒が色濃く残っている街。

その中でも超有名店
「もつ焼き」 宇ち多

N君と一緒にビールと焼酎梅とハツやカシラのもつ焼きで乾杯。

遅れて、O君登場。
でも、行列ができていてお店に入れません。

ということで、移動!

京成線で、青砥まで行き乗り換え!

町屋を目指します。

着いたところは、こんなところ。

今回の課題である「大衆酒場」であります。

気の良いおばあさんと
寡黙なおじいさんの二人で切り盛りされていた、
昭和の匂いがぷんぷんする酒場でした。

東京単身赴任中のK君も呼び出し、「くさや」で焼酎をがぶ飲みです。

その後、北千住の居酒屋で「電気ブラン」を飲み、仕上げに池袋まで繰り出しJAZZ Barでバーボンをしこたま飲んでしまいました。終電が無くなったので、東日本橋のホテルにはタクシーで・・・・


朝起きたら、チェックアウト時間間際でございました。

着いた初日から飲みすぎてしまいました。



                                       つづく