2005年

昨年も、ほとんど沖には出ることができなかった。
5回くらい出船したのだろうか?海佐知丸さんや海峡さんにもお世話になってないし・・・。
自分は、船も船舶免許も持っていない。だから、仕方ないのだ。
船長N君のマイボートに乗せてもらうだけ。超 他力本願。
船長N君と久々の出船の時の船いけす。
50cmほどのハマチ。
釣れないよりは、釣れた方がいいけど、もっと大きいのが釣れたらいいのになあ。
05年は、ヒラマサといえるサイズは0匹。
来シーズンは、ヒラマサ当たり年になるといいな。

沖に出るときは、デジカメを持って行ってないときが多かったので、そのほかの画像がないのじゃあ。
次からは、忘れず持って行こっと。

沖の部

陸の部

今年の春は、鰯パターンで爆釣。
さあ4月になったし、渓流も一段落したので、海でちょっこし。
いきなり、86cmのシーバス。記憶の中で大きく育っているかも・・・?
その後、1年分のシーバスを春だけで釣っちゃったような感じでしたが、5月、ゴールデンウィーク後はさっぱり。
渓流が、禁漁になりまして、今度は、海で。
ということで、海へ通っていたのですが、全然釣れません。
10月31日、最後の日に釣れた60cmのナイスボディー。

もどる

05年の珍魚

初めて釣った魚は、何とも思い出深いものです。
釣り上げて、「サメ」だあ〜と思って、よく見るとそこはかとなく違うような魚体。ルアーにアタックしてくるのだからフィッシュイーターであることにはまちがいないようだが?
おうちに帰ってWEB魚図鑑を調べてみると、『スギ』というお魚、沖縄県漁連では、「黒カンパチ」という名前で商標登録しているという。カンパチという名前なら、食べるとおいしかったのかなと少し後悔。
とにかく、05年の海は、熱すぎました。

05年 陸からの青物

05年は、ハマチの多い年でした。
例年、ハマチの子(ヒデリゴ)やカンパチの子(アカビラ)が夏の陸っぱりに遊んでくれるのですが、どちらかというとハマチが多かったような。
沖で釣った40cm級と同じなんだけど、陸から釣るとなんか充実感が違うんですよね。

古い画像で申し訳ない。2003年度ヒラマサ爆釣のシーン。このときは、余裕があって写真撮影ができたのです。
ぐっと閉め込まれるヒラマサの引きは、何とも言えませんな〜。ドラグも、サイズと引きにあわせてゆるめておいて、底から離してから余裕を持ってファイトに応戦。

ヒット!

なかなかの締め込み

ヒラマサ 最高!

余裕のやりとり

あがってきたのは、この魚