今年の春は、水温が安定しませんでした。
そして、
水量が多く
下流部の調査ができていませんでした。


それではということで、





5月7日

こにゆき氏と中流の谷底へ。
GW中なので仕方ないのか
ただ単に、お魚さんが少ないのか

超激渋でした。

水温は的にはまずまずだったのですがね〜

かわいくって、

パーマークのきれいなお魚がヒットしました。

秋には、ちょうど良いくらいのサイズになっていることでしょう!

期待しましょう!

5月8日

何故か午後より出撃。

たまには、一人でノンビリと!


里川調査です。

いつものポイントではヒットせず???

まあ、GW最終日。
色々いじめられていることでしょうから、
仕方ないのかも知れませんが・・・。

3級ポイントから飛び出してきた7寸ヤマメ。


やっぱり居るんですよね〜

今日は一人なので、ルアーのスイムチェックなどをしながら遡上します。

STS−501Si のロッドのへたりが気になっております。

どうも、シンキングミノーの動きが今一なんです。

どうしてかな〜と思っていたら
分かりました!

ロッドのオーバーワークのようです。

最近のヘビィーウエイトのシンキングミノーは、もう少し張りのあるロッドで動かす方が良いみたいです。

久しぶりに使うリッジの56Fなんかは、思うように動いてくれます。

でも、蝦夷なんかは思うように動いてくれません。

これがへたりというのか?
オーバーワークというのか?

新しいロッドを買うと分かるのかも知れません。

ちょっとサイズUPしたこの子と出会って終了としました。

バラしやチェイスは有りました。
でも、ヒットさせることができませんでした。

ヤマメ釣りは難しいです。


しばらくは、ヤマメ道に精進する予定です。