8月9日
夕方5時過ぎに家を出発。
5時半には、右のような場所にいました。

普段はあんまり入渓しない場所なんだけど、一人だし、時間も時間だしと言うことで様子見に。

春先には良く入渓する所なんだけど、夏場は熱くて・・・。

1時間ほどで、4キャッチたくさんバラし。

このシーズンのイワナは、チェイスはとっても良いんだけど、じゃれつくだけで真剣にアタックしてくれないという状況が多い。それをフッキングに持ち込むにはどうしたらよいのか?課題です。

8月10日
久々にカッチンと釣行。真っ昼間の無理矢理というか朝ゆっくりしてからの釣行。
さすがに、フライには厳しそう。
ルアーには、ふらふらついては来るのですが、全然やる気ナシ。

ダウンクロスで早引きでフッキング一発。よっしゃのかけ声とともにドボンという音。
振り返ると、声にびっくりしてカッチンがこけていました。
振り返ると、イワナちゃんも逃げていました。

フライもルアーも結局は写真が撮れずじまい。キャッチはできなかったけどこの最悪の条件下での忍耐釣りゲームはとってもおもしろかった。・・・・・(ぼ)・・・・・
一匹キャッチした方が勝ちだったのに。
この続きはまだまだ続きます。

8月11日
またまた、行ってきました。
本当に好きなんですね〜。こんな山岳渓流。
ハイそうなんです。
人の気配のしない渓流は、僕の好みなんです。

ということで、今回は、シュウちゃんと。

でも今回は、人の香りや足跡むんむんでした。
それも、京都ナンバー岡山ナンバー。あわせて3台。

よくもまあ、こんな所までという場所にようこそ。
それにしても良く入渓地点をご存じで。
恐れ入ります。

最下流部の入渓点は知らないだろうとということで行ってみました。
案の定、自動車はないし山道に足跡ナシ。

そして入渓。

上流から下りてきた形跡も無し。
早速、シュウちゃんのフライにアタック。

ルアーにはチェイスはあるもののアタックなし。

まあ、その内にということでシュウちゃんのフライテクニックを眺めていました。

今日、キャッチできたイワナちゃんは2匹。

追っかけては来るのですが、最終的なところでお帰りになります。

右の岩雄君は、27cm。
ちょっと色黒でしたが、ナイスバディー。

なかなか、思ったような釣りができませんね。