思い入れのある川へ行ってきました。

何時までも自然を残してほしいと願っています。

今回の釣行は、フライにはちょっと厳しい釣りになったようです。

入渓地点近くでは、ドライにアタックしてきていたイワナちゃんが、何時の頃からか全然アタックしなくなってしまいました。
OZーaki氏は、あらん限りの知恵とあらん限りのフライで果敢に攻めるのですが、いっこうにアタックしてくれません。

この淵の中央、白砂部分では、イワナが10匹くらい悠々と泳いでいました。

勿論ルアーを通しましたが、アタックはあるものの、ヒットには持ち込めず断念。

今日は、このパターンでバレバレたくさんでした。

今日写真撮影できた2匹のうちの一匹。

色白のべっぴんさんでした。

サイズ? 20cmくらい?

今日のもう一匹。

アタックはたくさんあるのにどうしてもヒットに持って行くことができない中、やっとキャッチできた一匹。

28cmの丸まるとした姿。

晩秋には、たくさんの子孫を残しておくようにと言い聞かせてリリースしておきました。