以前より、ご一緒したいなあ〜と思っていたOZ-aki氏と源流イワナ釣りへ。

OZ-aki氏との出会いは、渓流ではなくて海。
とある河口で、10ft以上のフライロッドに、ざるに入れたライン。
それをわんさかわんさか投げている変なおじさん。
そして、サケを狙っているとのこと。
雑誌や話には聞いては居たけど、この山陰にそんな御仁が居るとは?。

そんな話を友達のフライマンに聞くと、それはOZ-aki氏だと言うこと。

釣りを楽しんでいるというのか、自分の可能性を試しているのか?

この木のある場所へ。
前回は、カッチンと来た場所。

ルアー惨敗だったけど、魚影だけは濃いところ。

フライも結構振りやすいし・・・。

今回も、ルアーに反応するものの、アタックまでは行かず苦戦。

それに比べて、フライには猛然とアタック。

夏場の渇水期のルアー選択やテクニックを磨かなくては。

兎に角、楽しい半日が過ごせました。
OZ-aki氏が山陰におられるうちにまたご一緒したいものです。

次回は、源流域だけど大イワナの潜む渓へ。

詳しくは、OZ-aki氏のHPでご覧ください。