梅雨の末期です。
暑いし、湿気はあるし、不快指数はかなりのものだと思われます。

ということで、午後遅くなってから出撃となりました。

在来種の血統を受け継ぐ1年生に遊んでもらいました。

この沢独特のヤマメの復活の兆しあり。

良いことです。

上の3枚の画像は、同じお魚さんです。
在来種であることは分かるんですが、尻ビレがこんなに大きかったの?

と、思ってしまったんですが・・・。

オイカワの産卵時期のように巨大化?しているのでしょうか。





そんなこんなで、遊ばせてもらいました。