某Hな川の遊漁券を買い始めて3年目。

渓流監視委員会の皆様にポイントを教えていただき、それなりに独り立ちできるかな〜
なんて思える今日この頃・・・。

でも、何故か春彦氏の居るポイントへ!

まったりと、コーヒーを飲みながら雑談が始まります。
午前中は、それなりの釣果があったということ!!!

では、では、
所用までの時間に!

ポイントを譲っていただき、ルアーで絨毯爆弾攻撃!
でも、ヤマメのぎらりも無く、もちろんチェイスもなく・・・・。
撃沈状態。
餌でも、同じ感じのようです。


プチポイント移動。

こちらでも、ポイントを譲っていただきキャスト開始。
午前中、お魚さんの姿を確認したポイントだそうです。

期待がふくらみます!
水量も少なめで、地元の川と同じ感じ。
攻め方も同じ感じで、下流から上流へ。

本命ポイントの一段下の開きで、ヒット!
でも、すぐバレてしまいました。

上から見ていた、春彦氏にはチェイスからバイトまで丸見えではなかったのでしょうか?

気を取り直して、本命のポイントへ。
まずは、サイドの流れから?
異常なし。
それでは、流れの真ん中に。

黒い影が着いてきます。
ぎらりと光り反転。
かなり活性が高そうです。

上から「大きい 大きい」とプレッシャーをかけるようなお言葉をいただきながら、

第2投

今度は、立ち位置の前までチェイス来て尻ビレを見せながら反転。

これで終わったかな・・・・。
と思いながら春彦氏と雑談をして少し時間をやり過ごします。

この3投目に反応しなければ、お終いだという気持ちからか
ミスキャスト。
気を取り直して、キャスト。
思い通りのところにキャストできたわけではないのですが、ダメ元でトゥイッチ開始。

今日のタックル。
ロッド:ufmウエダ STSー64MNSi
リール:ダイワ チームダイワX2004C
ライン:ダイワ トラウトDurabra4lb
ルアー:ジップベイツ リッジ56FDeep

尺クラスなら、十分なタックル。
35cm以上ヤマメなら未知の世界。
でも、まあどうにかなるでしょう。

すると、するとですね〜
3トゥイッチしたあたりで、ぎらりと反転が見え、
その後にロッドに重さが伝わってきました。

ヒット!

その後は記憶にございません。

流れを横切らせ、浅瀬へ。
25cmネットへ上手にキャッチすることが出来ました。

何故か、両手が写っています。
誰が、カメラのシャッターを押したのでしょうか?


剣道君の記念魚の撮影を春彦氏が手伝ってくれている居るだけなんですが・・・。

サイズは、尺越えだということで・・・。

苦節3年。
やっとの思いで、Hな川の本流ヤマメを仕留めることが出来ました。
春彦氏、お世話になりました。

そして、渓流監視委員会の皆様!

これからも宜しくお願いいたします。

40cmUPを目指して精進するつもりです。
ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願いします。

Hな川の本流ヤマメに乾杯!

来週も所用のため米子方面へ行く予定です。
頑張ります!。

春彦氏は?