5月23日(土)

朝、5時20分にお家を出発。
なにげに気合いが入っています。

今日は、渓流監視委員会の総会なんです。

とりあえず出張先なので、遊漁券などを買い求めました。
それから、監視委員会の方々が監視されているだろうというポイントへ。

まずは、サクラポイントから。

居られました。
童子氏

初めましてのの方なんですがすぐに分かりました。
だって、

キャストの優雅さ!
川面を見つめるまなざしの優しさ!
そして、笑顔!

これからも宜しくお願いいたします。

しばらく、一緒にキャスト。

しばらくしてから、
ぷー氏登場。

ということで、剣道君は上流へと旅立つことになるんですが・・・・  はぁ〜

知らないポイントの新規開拓?

そんなに甘くありませんね〜

自分なりにいろいろ試してみましたが、アタリすらありません。

(この画像は、イメージ画像です)

お昼過ぎに、渓流監視委員会の総会が開かれました。

そして、午後の渓流監視に!

剣道君は、一回だけ明確なアタリがあったのみ。
右手が腱鞘炎になりそうなほど頑張りましたが、全然ダメでした。

でも、一つだけ分かった事があります。

この川の本流では、ヤマメちゃん達は産卵しない。
だから、剣道君にヒットするちびヤマメはいない。
という論理が成り立つのです。

逆説的に言うと、

中部の沢は、産卵域と成長域とが同じということ。
だから、
中部の沢は、数釣りや大物釣りがWで楽しめるという事なんでしょうな〜

悔し紛れに、まじめに考えておりました。

でも、今日の川は大物の匂いはプンプンするんですが・・・。

次回リベンジです。

5月24日(日)

朝から、フジカス氏の野暮用のお手伝い。

お昼をごちそうになり、いざ渓流へ!

でもね〜

朝の内は、パラパラだった雨が風を伴い本降りに。

それでもと思いポイントへ。

ポイントに着いても雨は降り続いています。
それもひどくなる一方。

FMラジオ日曜日の定番、ユーミンと達郎を聞きながら時間をやり過ごします。
どんどん時間が過ぎて、入渓できそうなポイントが限られていきます。

雨は降り止みそうにありません。



という事で、禁じ手のワンポイント釣行。
昨年、禁漁直前日曜日に36cmイワナを仕留めたポイントへ。

渓流監視委員会の方が来られたときにと封印していたポイント。
名付けて 「下駄履きでイワナを釣ろう」 ポイント。

釣れちゃいました。

前回のイワナが大きかったので、この子は小さく見えますが、31cmを越えていました。

顔からすると雌ですよね〜

ヒットする前に、確実にこの子より大きい奴のチェイスあり。
ペアーの雄、35cmオーバー?

撮影後、やさしくリリースしておきましたので秋にもう一度ヒットしてくれたらと思っています。

よく遊んだ週末でした。