渓流解禁より、そっち方面の記事ばかりUPしておりました。

海では、取りたてた釣果もなくどうしたものかと・・・。
昨年までだと、サーフをうろうろしてシーバスの画像でもUPしている塩梅なんでしょうが、
今年はそうではありません。

「メバル道」  頑張っています。

3月12日

画像に残っていた一匹。

物持ちなんかしてしまっていますよね・・・

あ〜あ、はずかしい。

3月9日

赤い奴

産後のお母さんのような感じでした。

3月24日

フェイクベイツSに騙されてしまったガッシー君。

ミノーイングでガッシー   
結構いけるかも?

3月31日

DAIWA Dr.ミノーに騙されてしまったメバルちゃん。

渓流ミノーは、メバルミノーイングにかなりマッチングするようです。

渓流用2軍ルアーが活躍してくれることでしょう。

4月22日

明るい内にヒットしたヒラセイゴ君。
UFM SSS-68Si でファイとするととっても楽しいです。

その後は、ガッシー君が数匹遊んでくれました。

それと、クロソイのちっさい奴も!

デジカメの電池切れで画像無し。
あしからず。

4月23日

流れ藻と一緒に上がってきたガッシー君。

かなりの重量感がありました。
これで、「ぼ」は無くなったな〜
なんて思いながらキャスト。

流れ藻が多くて、キャストごとに絡まってきます。

数日前より、このラインを使用中。
年末の安売りで購入しておりました。

ふきごぼう氏・フジカス氏ご推薦のお買い得ライン。

メバルを始めた頃は、トラウトラインのナイロンを流用し、本格メバル道参入後は、DAIWA月下美人「月の響」を愛用。

トラブルもなく、結構気に入って居るんですが、風だけには弱くて困っておりました。

フロロラインのイメージは、あまり良くありません。
渓流ルアーを始めた頃と同時に、フロロ極細ラインが出てきていました。
試したフロロラインのほとんどが巻癖のためのバックラッシュ!
そんなこんなで、渓流ではしなやかなナイロンラインに落ち着いているという次第なんです。

でもね〜
技術の進歩は、日進月歩。

新発売の渓流用フロロラインの導入も結構ありかな?と感じているところです。

前置きが長くなりましたが、
このラインとSSSー68Si でこんなのが釣れました。
 結構やるものです!!!

エコギアー 1.3gジグヘッド & 小鰯(ピンク)
に騙されてしまった 64cmシーバス。

ジグヘッドは、上顎の内部に引っかかっていました。
ロッドもラインも無理が出来ないので、向こう任せでふらふらとしてやっていました。

シーバスと分かった時、
「あ〜 これはラインブレイクでばれるわ〜」
と思ってしまいました。
それが良かったのか
かなりの時間の綱引き?
綱引きというより、
「柳の枝にぶら下がったお相撲さん」
という感じ。

ドラグは、特別に緩めてはいませんがショックアブソーバーのSSSー68Si が上手にいなしてくれます。
チリチリとはドラグはでていきますが、ジージーとは出ていきません。

至福の時を過ごしておりました。

が、

ランディングが出来ないのです。
玉網なんかありません。

フィッシンググリップも!

でも、強い味方が!
ウエーダーを履いていたので、少々波をかぶりながらハンドランディング。

あ〜楽しかった。

僕は、メバルが釣りたいのです。

残念!