連休は、忙しい。

9月12日

朝、4時30分起床。

6時には、Hな川に到着していました。
冬彦氏のアドバイスどおり、まずは本流。
異常なし。
上流へ。
先行者あり。
鮎の投網氏と少しばかりお話をして、無謀にも全然分からんポイントへ。

すべて異常なし。
淵にて、9寸程度のヤマメのチェイスがあっただけでした。

そして、禁じ手のニアキスにて

カワムツB君。

僕のロッドを曲げてくれたのは、このお魚とゴミだけでした。

お魚さんの後ろに写っている
ufm STS-64Si がとっても寂しそうです。

色々ポイントを教えていただいた冬彦氏、ありがとうございました。
もっと腕を磨いて、再挑戦です。

その後は、安来市のとあるグランドへ。
全山陰親父サッカーの大会が開かれて居るんです。

暑い中、頑張りましたが引き分け2試合。
夜は、懇親会なるものがあり、例のごとく例のように飲み過ぎてしまいまして・・・・。
朝、ホテルで目が覚めたときは世の中がまだ回っておりました。  不覚。

14日 日曜日にも大会の後半戦がありまして・・・。
午前中の試合は、二日酔いのため後半だけで。

午後からの試合は、フル出場しましたが身体の切れもなく散々でした。
もっと、「おせ」にならなくては!

何故か、帰りにはフジカスさんとロッドを振っておりまして?
フジカス氏は、ぽんぽんとアオリイカをキャッチしておられるのに、
剣道君は、アタリすら取れない状態。

早めに引き上げ、愛妻と愛犬の待つ我が家へ。



9月15日

サッカーの試合会場へ子どもを送り、試合までの間に速攻でサーフへ。
先日、カンパチ(アカビラ)の釣れたポイントへ。

ポプラのライターが、何とも良い感じでしょう!

推定、尺オーバー。

青物は、突っ込みがあって超オモロー。

めざせ、40cmオーバー。


釣れたのは、12日金曜日の夕方。

1時間ほどキャストするものの、反応無し。
息子の試合会場へとんぼ返り。

試合会場から、家まで息子を連れて帰ってお役目終了。

午後からは、中部渓流監視委員会のお仕事でしょう。ということで



でも、3連休の最終日の午後なのです。
メジャーなポイントは、ダメだろうし。
かといって、谷底までの体力はないし・・・。

ということで、こんな沢へ。

見落とされがちなポイント。


水量良し。
先行者の形跡、あり。

でも、今日では無さそう。

少し小雨の降る中、順調に遡上していきます。
お魚さんも、結構な数のチェイスやヒットがあります。

順調です。
でも?

こんなんばっかり!

たぶん、今年の稚魚放流もの?
何ともカントもです。

大きい奴は、何処へ行ってしまったのでしょう?

連休最終日に釣れた、一番大きいお魚ちゃん。

3連休終了。

といく予定だったのですが、何故かハンドルは海の方へ。

午前中と同じサーフのポイントに立って、1時間。

異常なし。


これで、本当に3連休の終了。

あ〜 疲れた〜