今日は、朝から30度。

ひぃ〜 ふぅ〜 言いながら1日の仕事を終え、いざ海へ!

フジカスさんの地元でのアジナブラも気になるのですが、まずは地元サーフの様子から。

車を駐車スペースに止め、何も持たずに海へ。
「ふぁ〜」
と深呼吸。
おもむろに海を眺める。

お客さんがいっぱい?
どうして〜

釣り人の方へ、ズームUP!!!

足下で、何か跳ねております。

「うわあぉ〜!」

深呼吸で上げた腕をおろすのももどかしく、車へ。

速攻でウェーダーを履き、ベスト。
そして、デジカメ。

いざ出動。

こんなかんじでイワシが打ち上げられていて

こんな感じで釣り師がいっぱい。

一番隅っこに入れてもらい

いざ、ファーストキャスト。

ビリビリ、ぐんぐん。

アジ君の引きです。

でもですね〜

時合いの一番最後に出動したみたいで、10分ほどでアタリが遠のいてしまいました。

残念です。

でも、時合いに間に合っただけでも良しとしましょう。



ジグからミノーに代え、ヒラメ・シーバス狙いに変更。

いつものように、サーフを歩きながらキャストの繰り返し。
潮止まりなのか、岸際の潮はほとんど動いていません。

かろうじて、ルアーが流されるポイントで
ゴン

ヒットです。
銀色の魚体を見せながら、岸際を走ります。

タックルは、昨日と同じ
SPS−702Tiに6LBファイヤーラインクリスタル。

実験済みなので、強引にやり取り。
磯シーバスよりよく走ります。
流石、サーフシーバス。

大きさは、50cm級でしたが楽しませてくれました。

なかなか良いショットでしょう!

やっとサーフにイワシが帰ってきてくれました。
これからが、楽しみです。