海の部での、アジングゲームも一段落付いたので渓流へ。

時間がないので、谷底パターンは無理。
上流部のイワナパターンも同じく。

でも、里川では暑すぎるし・・・。

イワナ・ヤマメ境界の日陰のあるポイント。

駐車場から、入渓点までの間にあったもの。

何だか分かりますか?

そうです。
イノシシよけフェンスの電流調整器。

イノシシは、たくさん居るようです。

最初の一匹。

2年生ながら、よく引いてくれました。
夏ヤマメは、超元気です。

2匹目。

9寸ヤマメ。
幅広で、重量感たっぷり。

久々のヤマメのとのファイトを堪能しました。

でも、それだけでは終わらない剣道君。

むふふふ にたにた!

3匹目

4匹目

何匹目なのか分からなくなったけど、左と右のお魚は、微妙に違います。

分かります?

この沢の天然系ヤマメの色合いを残していますが、左は、アマゴ交雑型。
右は、朱点の全然無い天然系。
でも腹の斑点が少なめ。

もう少しすると天然系のヤマメが登場しますからよく見てくださいね。

腹の斑点の多さや背中の斑点の多さ。
まさしく天然系のヤマメちゃん。

婚姻色もうっすらと出ています。

歯の様子から、かなりのおばあちゃんのようです。

でも、超幅広のナイスボディーです。

全体の容姿は、こんな感じ。

久しぶりに見た天然系の尺。
この川独特の特徴である斑点。
感動的でした。
画像では表現できないのが残念です。

生き延びて居るのですね〜
自然は、偉大です。

ともあれ、感動的出合いのお魚のサイズは

31cmに限りなく近い

30.5cm

夏ヤマメとの出合いは、超楽しかったです。

ガ ははha あ〜