フラットフィッシュフェスティバル

というものに参加してきました。

ともともさん主催です。

サーフというものはなんぞや?
普段は防波堤や磯周りでのシーバスゲームに頑張っていた剣道君が、サーフに頑張りだしたのもともともさんが居たから?

というのは大げさだけど、ちょうどサーフ攻略を考えていた時期に知り合ったともともさん。
いろいろ教えていただいたり、情報交換をしたりという感じ。
ということで、参加しないわけにはいかないですよね〜
今年のサーフは春から調子が良くなく、メバルゲームと渓流に逃げていた剣道君。

今までの研究成果を発揮すべく、出陣。
さてさてどうなることやら?

朝のサーフは、超気持ちいい!!

朝一のポイント。
バトー改さんが、リトリーブ中。(手前)
フジカスさんが、たぶんリトリーブ中。(奥の黒い点)

剣道君は、3投目くらいでソゲらしきお魚のバラし。
ジグで。
撮影ポイントの前は、波高くミノーでは勝負にならず。

という感じで1日のスタート。

朝一のポイントでバトー改氏と別れて、その後は、
チーム「四捨五十」で頑張ることに。

4カ所をランガン。
7時間くらいルアーをキャストしてきました。
最後の方は、ジグを投げる元気はなくなっていました。

チーム「四捨五十」
よく頑張りました。

日本海と、正々堂々戦ったことを認めます。

フジカスさん
へぼなガイドで申し訳ありませんでした。
これからのために、メジャーなポイントばかり行っちゃいました。
よく考えてみれば、人の釣った後に入っていたような・・・。

でも、これからのサーフ釣行に役に立つこと間違いなし。

次は、マイナーな所へ行きましょう。

こんなカワイイ奴を釣って、7時間釣行終わり。
おじさんには、少々きつかったです。

フジカス氏よく頑張っておられました。きっと何時かそのがんばりが発揮されることがやってくるでしょう。

「サーフ攻略。」

結構面白いですよ。