仕事帰りに、バトー攻さんの仇討ちのためにそっち方面へ出撃してきました。

夕まずめは、アジゲームの修行。
少々波は高めですが、どうにかゲーム開始。

ポイントの主のフジカス氏には、アジがヒットしているというのに剣道君にはアタリすらありません。

それでも丁寧にリトリーブ。

根掛かりかなと思うアタリ。
アジではありません。
メバルかソイか?
金ロッドを曲げて突っ込みます。

テトラ際まで寄せたんですが、引き波とともにばれてしまいました。

なんとフックが伸びています。
そうなんです。今日は、アジ狙いと言うことでフッキング重視の細軸フック。
メバル弾丸3g。
いつものカルティバクロスヘッドにしておけば良かった。

なんともかんとも!

ふきごぼう氏も登場されて、アジ道場の開始というような感じ。
さらに、いろいろなリトリーブを試してみますがどうもダメみたい。

白旗を揚げて、一足先に帰ることに・・・。

おっと、バトー改氏の仇討ちを忘れていた!!
帰る途中、30分勝負。

前回は、コツコツとアタリがあったんですが、今日は、お魚さんからの便りはありません。
ミノーを試したり、ワームのスイムレンジを変えてみたりといろいろ試してみたのですが、さっぱりです。

もう数投して帰ろうかな〜
と思った瞬間、根掛かりのような感触。

それからは、どんどん突っ込んでいきます。
ドラグが ジィージィー と音を立ててラインを出していきます。

今まで経験したことのない重量感です。

言葉で表すと
「ぐんぐん グィーン ジージー」 巻き巻き
てな感じです。

今まで釣った25cmクラスの引きとはちょっと違います。
えら洗いもせず、水中へ向かって突っ込んでいきます。

お魚さんを浮かせてテトラ際まで寄せてはきたもの、到底抜き上げられそうにありません。

バレるのを覚悟で、テトラの下までゆっくり下りてラインをもってハンドランディング。

「ふぅー」

よく見てください!

剣道君の金ロッド、ソルティスト エクストリーム ロックフィッシュ モデル TX-RF 73-SVFのグリッブ部分は、ロッドエンドからエバーグリップまでの長さが測ったように30cmなんです。

もしかして?

そうなんです!
尺!

実測31.5cmありました。

メバル本格参入から、苦節数ヶ月。
あっさり達成してしまいました。

そして、バトー攻氏の仇討ちまでも?

バトー改氏、仇討ちはしかとやりましたぞ!



仇討ちと称して、ポイント通いができなくなっちゃったな〜
どうしよう?

まあ、いいか!
継続観察を続けます????