渓流シーズンが終わってしまいました。
毎年のことですが、ちょっとだけ寂しい感じです。
ヤマメやイワナたちが、元気に冬を越せることを祈って止まない今日この頃です。

などなど、感傷に浸っている暇はないのです。

今日もはよから〜   海へ調査です。

5時半、家を出発。
ポイントに着く頃には、かなり明るくなっちゃいました。
暗がりポイントのシーバスを狙う予定だったのですが、どうもダメみたいです。

天気予報どおり、南の風3〜5mというところでしょうか。
一番のポイントには、ネズミ氏2名が陣取って頑張っています。

「今日は、剣道君はそこじゃあないんだもんね〜」
なんて感じに、シーバスポイントへ。
サーフを歩いていると海がざわざわしてきました。
サゴシのジャンプ!!
そして、水面近くではもぞもぞしているお魚もいるようです。

「それ〜 」
 と18gブランカを投げます。
ガッツン・ガッツンとあたりますがのりません。
やっとのことで、

25cmくらいのヒデリゴちゃん。

ハマチまでもうちょっと。

かなりの数のアタリはあるのですが、ヒットまで持ち込めません。

正体は?

このお方でした。

目の前でボイルしている大半は、サゴシのようです。
その中に、ヒデリゴが混じっているという感じなのでしょう。

30分ほどで、大騒ぎは終わり静かな海に戻ってしまいました。

ベイトも居るようだし、それならということでヒラメ狙いにチェンジ。

やっぱり居ました。

40cmオーバーといきたいところですが、

37cmソゲちゃん。

いつもの剣道君サイズです。

でも、ソゲちゃんが確認できただけでも良しとしなくては・・・。

そうこうしている内に、船長N君からメールあり。

「出船8時」
了解致しました。

サーフ調査から沖の調査へ出発です!

朝の漁を終えて、帰ってくる舟もあります。

急がず、慌てず!
今日は、凪ですから。

近場のポイントで、3連続バラし。
ひとつは、アカビラのアタリだったように感じたんだけどな〜

ヒットしたのは、サゴシのみ。

次のポイントでヒットしたアカビラちゃん。
八の字眉毛が、とってもチャーミング〜!

今日のタックルはというと??

下の画像をご覧ください。

今シーズン、アジングで活躍してくれた
ufmウエダ SPS-702Ti です。
ご存じのように、シーバスロッドです。
それも、超ライトなロッド。

ロッド先端は、海の中に突っ込まれますが、ボトムはしっかりしていて結構良い感じ。

でも、リフトに時間がかかるので人間的にはしんどいですが、釣り味は最高です。

こんな感じです。
60cmまでの小ヒラマサなら大丈夫そうです。

リールは、ツインパワー5000PG
ラインは、ファイヤーライン16lb
リーダーは、ヴァリバス20lbナイロン


そうそう。
今日は、魚探の調子が悪く海底の様子は全然見えません。

そんな中、GPSのみのポイントでこれだけの釣果。

この辺りのポイントを知り尽くしたN船長流石です。

久々のジギング、結構楽しめました。
舟の生け簀の底に横たわっているのは、90cmのシイラ雌。
船長N君が、キャッチしました。
それから、船長N君は60cmオーバーのカツオもヒットさせ
「カツオのタタキだ〜」と叫んでおりました。

そして、魚探での海底やお魚さんの様子の分からない中、
「無心になる!」
と船長N君
500円ジグをシャクルと
かなりの大物ヒット
ヒットして底からは離したもののドラグは、ジージー言ってラインが出ていきます。
手で止めていた船長N君
「熱い〜 熱い〜!」

かなり頑張りましたが、痛恨のラインブレイク。
ブリのような引きでした。

剣道君はというと、久々のジギング。
右手が、ダルダル状態でした。

ハマチ、40cm級とアカビラ40cm級合わせて10ピコくらい釣ったのではないでしょうか?

「渓流が終わってしまった!」

なんて感傷に浸っていられなかった剣道君の週末でした。

でも、午後からは渓流グッズの片付けをしたとさ。