6月4日

飛騨より、Oz-aki 氏と Blue Wing Olive氏が山陰へ。

夕方とある渓で出会うことができました。

明日からの予定を相談して、
ロッドを2〜3度振って、

剣道君は、夜の会合に急ぐのでした!

明日は、剣道君のガイド!
どうなることやら。

6月5日

9時過ぎに待ち合わせ。

さて、何処へ!

渓へのルートを降りていき、後もう少しというところで人影発見???
遡上できないポイント?
だって、その下は滝!

そうなんです、かなり上流から下ってきたフライマン。
広島のお方。
ルール違反だよ〜
なんて言えるはずもなく、今来た崖道を上ります。


ポイントなんていくらでもあるさ!


尾根向こうの支流へ急ぎます。

ここなら、と思ったのですが・・・
湯気の立ちそうな足跡発見。

「がっくり!」

途中の退渓ポイントがないので、ゆっくりゆっくり沢を歩き始めます。

今日初めてというか、遠征初のイワナさんをキャッチ!
自然と口元が緩んでいます。

でも
でも

でも

この沢では、このかわいいイワナさんだけ。
3人で入渓して、たったの一匹?

ガイド失格ですな〜(いつものことですが・・・)


退渓点から車までの間にある用水路で、

剣道君が、なにげに投げた・・・いやいや、狙って投げたルアーに一発で反応。


サイズは、今日一とだけ付け加えておきます。

6月6日

午後から時間ができたので、セリ氏ととあるポイントの調査へ行ってきました。
何処も足跡だらけ!

でも調査に頑張ります。

何とか頑張って

こんなかわいい奴が遊んでくれました。

お魚さんが元気で居てくれたことを確認できただけでも良し!  です。


暑くってたまらなくなったら、涼みに来るポイントとしてとっておきましょう!

小魚いじめの剣道君健在でした。


よく遊んだ週末でした。
明日からの仕事、頑張るぞ〜