2009渓流シーズン反省  最終回!

シリーズ4回目。
一回につき2匹ずつ掲載しておりますので、今回で8匹となります。
お魚さんがよく遊んでくれたものです。

さてさて、始めますか!




記録によりますと、7月28日です。

数日前まで、お江戸の空気を吸っていたようです。
その憂さ晴らしに夕方お山へ。

山陰地方では、長雨が続いていたようで増水気味ですが状況的には良い感じ。
小さなヤマメに遊んでもらいながら遡上。

確かルアーは、蝦夷T。
ロッドはいつものウエダ STS501
ラインは、バリバス トラウトアドバンス4lb

沈み波に乗ったルアーにドスンとヒットしたのは、

34cmヤマメでした。

撮影ポイントがなかったので、岸際にて強引に撮影会をやっていたらナチュラルリリースとなってしまいました。

まあ、いいか!

2009渓流シーズン最後のお魚さんは、やっぱりイワナちゃんでした。

8月11日

早めのお盆休みがとれたということで、雨後の渓へ。

増水気味でよい感じ。
渓流魚の本格的遡上やペアリングは、7月後半から?
なんて考えている剣道君。

増水というのは、渓魚にとってナンパのためのベストタイミングなのでは?


まあ、、、そんなことを考えながらルアーをキャストしているわけではありませんが、
ヒットするときには、あっけなくヒットするものです。
今回のヒットポイントは、特別な淵でもなく、堰堤下でもなく、
流れの中の大岩下ポイント。

渓魚たちは、当たり前のようなところに潜んでいるようです。

今回のルアーは、蝦夷DEEP。
水深1m弱の流れの中、
ルアーのリップが底岩に当たり、泳ぎがイレギュラーになったときのヒット。

だったような・・・・

37cm イワナ。
たぶん、雌ですよね〜

細身の体が、小渓流の尺イワナという感じです。


タックルは、
ロッド:ウエダ STS501Si
リール:チームダイワX2004C
ライン:ダイワ デュアブラ4lb
ルアー:イトークラフト蝦夷DEEP56


兎に角、2009シーズンはよく雨の降ったシーズンでした。
その隙間に、運良く釣行できた剣道君にヒットしたお魚8匹。


2010シーズンは、どんな年になるのでしょう?


もうすぐ2010年シーズン解禁です。


今シーズンは、どんなドラマが待っているのでしょうか?

とっても楽しみです。