冬の日本海は、気まぐれです。

年末より続いていた寒波が突然のように緩み南の風が吹いています。
少しばかりのうねりは残っているはずですが、良い凪そうです。


1月19日
仕事は山積みです。  
でも、自然には勝てないので出撃開始です。


現場到着。
サビキンガー3名。
ワーミンガー2名。

サビキンガーは、いつものおじさん。
ワーミンガーの2人は、知らない人。

挨拶ができないままキャスト開始。

トラブル発生。

今回使用しているフックは、がまかつJIG30。

なかなか良さそうな感じなので、2号ガン玉を付けて準備していたのですが・・・・。


案の定、ガン玉がしっかり固定できません。
プライヤーでガン玉おもりの形がつぶれるくらいしっかり止めては居たのですが、すぐにグラグラしてしまいます。

安物のガン玉でなく、ゴム張りの高級ガン玉を使えばしっかりと止まるのかも?

一投目から海草に引っかかり、ロッドをあおってリグを回収。
その時点で、ガン玉おもりがずれています。
ワームを深く差し込むことでとりあえず通常に使えそうです。

こんなんなら、今までのように瞬間接着剤を使ってガン玉おもりを止めた方が耐久性があるみたいだな〜  なんて思いながらキャスト!




時合いが来たようです。
コツコツというアタリの後にちょっと閉め込むようなアタリ。
ティプで合わせます。

ヒットです。
尺前のあじ。

アジの上アゴにしっかりとフッキングしています。
フックを強引に横へずらしたとたんにガン玉おもりがぽろり・・・・

「あちゃ〜」

これから時合いだというのに・・・

それから、新しいフック(瞬間接着剤止めの以前のフック)を取り出し結び直し!!!

20分ほどの時合いでした。

その後は、サビキンガーにもアジがヒットせず?
もちろん剣道君にも!

アジは、ポイントから去ってしまったのか?
それとも、アジは居るけど口を使わなくなってしまったのか?


どうなのでしょうねぇ〜


また、中荒れになりそうです。
その間に、しっかりとしたフックでも作っておくかな〜

ロッド:ダイワ ソルティストSTX-RF 74S-SVF
リール:ダイワ 07ルビアス 2004
ライン:ファイヤーライン クリスタル3lb
リーダー:ゴーセン エギファイヤーリーダー1.5号
フック:オーシャンルーラー ソルトフック アジ
ワーム:レイン アジリンガー アジミート

マゾキャロ:Nー8g

次は、何時出撃できるのだろう・・・


冬になったんだから、雪も降らなくてはいけないんだけど
雪もぼちぼち。
風もぼちぼち。
雨もぼちぼち。

寒さは、もう少しで峠を越えるのでしょうか。


天候が安定してほしいものです。