今日は、このアルバムでまったりと。

「NATIVE SON」ネイティブ・サン
このグループとしてのファーストアルバム。
日本におけるフュージョン創世記の代表的グループのネイティブ・サン。
学生時代、このアルバムを聴きながらアパートの掃除をしていたのを思い出します。
本田 竹曠のピアノ、峰厚介のテナーサックスはもちろんのこと、村上 寛のドラム。
どれをとっても新しい音を聞かせてくれます。
今、聞いても全然古さを感じさせない音作り。
1987年録音となっています。
今日も、お湯割りの焼酎で乾杯です。

まあ、聞いてごしない。

さてさて、今日の釣りは?

今日も、行ってきました。
ともともさんより、出撃してますよメールが届いたのは良いんですが、仕事がなかなか片付かず、現場に着いたのは、18:00をかなりすぎてから・・・。

第1ポイントは、とあるグループのメンバーでふさがっている状態。
ともともさんは、何処へ?

情報収集を兼ねて、第1ポイントのグループにお話を伺いに・・・。

最近、良くこのポイントへいらしている若い人へ(昨日もお会いしたんですが)
剣道君「今日はどうですか?」
若い人「ぼちぼち釣れてますよ」

なんて話をしていたら、
「剣道サン?」と突然声をかけられてしまいました。

なんと、海狂の会長さん。
「どうもどうも」ということで、ローテーションでポイントへ入れてもらえることに。

ところで、ともともさんは?
しっかり、良いポイントでキャストをしておられます。

入れ替わりに、キャスト。
第一投目からヒット!
「ヒットしましたよ〜」と地元の強みを発揮しようと思ったらバレました。

気を取り直して、数投目でヒット。
無事キャッチ。

60cm有る無しの奴。
ルアーのフッキングを見ても分かるように、活性が高いようです。

交代でポイントへ入りますが、ショートバイトのみでなかなかフッキングしません。
もう一匹釣ったら帰ろうと思っているのですが、なかなかです。

まあ、会長さんなんかとダベリングをしているので時間をもてあますことはないんですが・・・。

終了時間も近づいてきたので、10投して帰ろうとしていた7投目くらいでヒットー!
軽くあわせを入れ、さあこれからという時にラインにテンションが・・・・。
反転したお魚さんと一緒にレンジバイブ チャートカラーも海の中へ。

PEラインからプッツンと切れていました。
高切れ?という奴なんでしょう。

昨日か、今日のファイトで、ラインに傷が付いていたのでしょう。

殉職、レンジバイブ チャートカラー。

今日の若い人より、缶コーヒーをごちそうになりました。
ありがとうございました。

というようなことで今日は終了。

でも、一匹釣れたから良いか!