今日は、4時40分に目覚めました。
週末だけは、早起きができるようになってきました。

コーヒーを飲んで、新聞を読んで、トーストを食べてのんびりと!
愛犬だけが、ケージの中から、
「また、お父さんは魚釣りか〜」と
時々目を開けて居ます。

今日は、どのサーフに行こうか?
色々と迷いましたが、東から西へ移動すればということで
僕の観察点、再東へ。

5時30分、ポイントへ到着。
駐車場、一番乗り。

まだまだ暗い海へ。

昨日の夕方より波が高くなっていて、一面が白くぼんやり?

岬の辺りまで来て、ポイントを探してみるけど波が高くて皆目見当が付きません。

それならということで、ルアーで流れをチェック。

岬の先端から、適当に投げたTKLM90が波にもまれながら足下まで戻ってきたときに  ???

ガツンとこないで、にゅるにゅるとルアーを引っ張っていきます。
目の前なので、ゴミなのかと間違えました。
それからは少しジタバタしてくれましたが、あっけなくランディング。
62cmのちょっと細めの女の子?

釣れるときには、一投目から釣れるんですね。
釣れないときは、何時間投げても釣れないんですけど。


2匹目は居ないかと、丁寧に探るんですけど全然です。

その内明るくなってくるし・・・。

ジグを投げたくても、大波・潮流きつくコントロールできない状態。

仕方ないので、
岬はずれに、時々できるカレントへミノーを!

リアルカラーのコモモカウンターにヒラメちゃんヒット。

ひらめ?

ヒラメはヒラメなんですけど
38cm。

ソゲちゃんでした。

誰が決めたんでしょうね〜

38cmでも
ヒラメ ゲットです。


この大波の中、ワンドの中央部の波のないところでキス釣りをしていたお爺さんがいなくなってので少し移動。


波をよけるようにジグを投げます。
南風なので良く飛びます。


小さなカレントの先は、結構な潮の流れで28gのジグが回収までには50m以上も流されてしまいます。
波でラインが引っ張られるというのもあるんですけどね。

とそこで、沖目に小魚が跳ねたような感じ。

俄然キャストに力が入ります。

ジグが底について、少し早巻き。
水面に近くなるくらいの処で
ゴン。


バタフライジグ28g青に騙されてしまったソゲちゃん。
先ほどの奴と同じサイズ。


その後、サイズダウンするものの2匹追加。

9時、終了。
3時間半、休みもなくよく頑張りました。

追加です

シーバスフェスタ2007の準備お手伝いのために

その近くまで来たので、暇つぶしにジグをキャストしてみました。

ヒラメがヒットしちゃいました。

恐るべし、28gジグ?