朝、メールが届きました。

ともともさんからでした。

釣れているよメールでした。



朝、元気なともともさん。

朝、いつまでたっても寝ぼけている剣道君。

年相応に、早起きになれるのは何時になるのでしょう。


そんなことより、釣れているよメールの場所へ急ぐ夕方元気な剣道君。

左の画像は、以前のものですが今日の夕方の波はこんな感じ。

シーバス波ではありません。
そして、肝心な潮の流れもありません。

ぁチャ〜

まあ、夕方の気晴らしということで。

本当は、場所移動をしたかったんだけど・・・。

明るい内にヒットさせるためには、移動は無理!
ということで、あきらめ半分でウエーダーを履いていざ出陣。

見た目と同じで、ルアーも流れをつかむことができずまっすぐ帰ってきます。
潮の流れは、無し。
岬の背で、かろうじて波が立つ程度。

風もなく、ルアーをキャストするにはベストな状態なのですが、なにせお魚さんが?

と、諦め半分の調査。
波打ち際で、セイゴちゃんがアタックしてくれましたが、バレました。

まあ、お魚さんのお便りが届いたということで、良しとしましょう。

終了予定の6時半までしばらくあるので、色々と。

満月に近い明るいお月様が出ているので、コモモのボラをスローアンドU字にリトリーブ。

漁り火も綺麗だな〜 なんて思っていたら波打ち際でヒット。
最初の引きは、ヒラメの突っ込みだな〜というズンという引き。

よしよし、やっとお魚さんとコンタクトが・・・。
と思っていたら、何やらふっと軽くなって、そしてズンと重くなって
あれ〜  と思っていたのですが釣り師の習性。
上げ波で、引きずり上げていました。

上がってきたのは、左のお方。

地元サーフの真ん中。
ストラクチャーやゴロタもなく
見渡す限り砂浜のポイント。

コモモの125SFと比べて分かるように、22cm。
自己最高のアオリイカです。

エギでなくて、シーバスルアーで釣ったというところが剣道君らしと言えばらしいかな?

このアオリが釣れる前もヘンなアタリがあったし、その後も2回同じようなアタリがあったのですが?

これって、アオリのアタリ?

今日のような潮具合の潮だまりは、アオリパラダイス?


ちょっとだけ勉強になったけど、僕のシーバスは、何処に行ってしまったの〜?