今日も元気だ、釣りに行こう!

今シーズンの最終日。
朝は、ゆっくり。「いいとも 増刊号」を家族で見たりしてまったり。
剣道君だけ、早めに昼食を食べて(自分で作る)12時過ぎに出発。

さあ、最終釣行はどうなるのでしょうか?

昨日の土曜日に、秋の有名ポイントは皆さんが入渓されているでしょうし、沢へ下りやすいところはそれなりに、というところでしょうか。

まあ、兎に角、最後のお魚さんを求めて中部の沢へ。

第一入渓場所

小さな栗の木のあるポイントから。

沢へ下りるポイント。
案の定、午前中の足跡発見。
少々悩むが、何処もこんなものだろうと沢へ。

一級ポイントからは、反応無し。
今日は、久々の「ぼ」なんて思いながら
ニアキス3gにルアーチェンジ。

やっぱり居ました。
いつもの奴。かわいいです。

居ました。

先行者が居ても遊んでくれるかわいい奴。
剣道君の味方です。

一匹目。

二匹目。

婚姻色の出ている♂。
8寸もない大きさなんですが、結構良い感じの顔つきと幅広ボディー。

こんなサイズが、ボチボチ釣れて小雨の降る中上流へ。

左の画像の白泡が切れるアタリでヒットした9尺アマゴ。

スミス「ニアキス3g」が、流れから浮き上がろうとする瞬間、ひったくるようにアタック。
さしずめウエットフライ?の感じ。

気温が急激に下がり、水温も下がりお魚さんの活性も上がっているようです。

それにしても、先行者は????

先行者も、良い思いをしているようです。

足跡と、メジャー。

何をしていたか分かりますよね〜。

ほんの数時間前の足跡です。小雨が降ったりやんだりなのに、砂が崩れていません。

ということで、ここで退渓。

第2ポイント

1時間ほどのコースへ。
ここも先行者あり。
入渓点の草がしっかり倒れていす。
「まあ。いいっか〜」ということで。

こんなかわいいのが釣れまして、満足。

今シーズン最後のお魚さんとなったのは、こいつ。

4寸ほどのヤマメ。
パーマークのきれいさといったら、このサイズが一番なんでは?

来シーズンには、8寸くらいにはなっているでしょう。
またヨロシクね。

今シーズンの釣行、終了。

自然の恵みに感謝して、思わず 合掌 

後ろ姿に哀愁を漂わせて、退渓する剣道君でした。