残り二日。

今シーズンのまとめとして、岩魚を求めて上流域へ。
今日は、ドラゴン氏と一緒に。
最近、ガイドとして調子が良くないのです。
最後くらいは、お魚さんがたくさん釣れてくれると良いんですが。

いきなりですが、釣れてしまいました。

崖を下って、ロッドを用意して二つめのポイント。

ドラゴン氏、2投目で8寸岩魚をキャッチ。

写真撮影の合間に、同じポイントへキャスト。

すると出てきてくれました。

33.3cmの立派な♂。
婚姻色も出ていました。

やっと、尺上を釣ることができました。
ぎりぎり、セーフです。

ドラゴン氏の8寸は、画像中央の岩の手前から。

剣道君の尺上は、画像中央の岩の向こうから。

先日の良型のヤマメと同じで、当たり前のようなポイント。

強いていうなら、大岩のエグレと移動場所の広さ。

テリトリーとするのなら結構な広さ。
そして、産卵床にできそうな場所が近くに。

色々考えてみると、岩魚ちゃんにとっては、結構高級住宅街だったのかも?

今日の沢は、こんな処。
たくさんとちの実が落ちていました。

ドラゴン氏も頑張っています。

7〜8寸程度の岩魚を数匹キャッチ。

たくさんのチェイスもあったりと・・・。

8寸程度の岩魚を3匹ほどキャッチして本日の釣行は終了。

残念なことは、
今日の後半部のポイントは、砂で埋まってしまっていてお魚さんが少なかったということ。

どうして、あんなに砂が出たんだろうなあ〜。


来シーズンまでには、ちゃんと自然が回復して居るんだろうか?

中部渓流監視委員会の仕事がまた増えてしまいました。