こんなところから入渓?

川に水がほとんどありません。
夏の小さな冒険のような釣りの開始です。

歩くこと10分。

小さな堰堤の上から水があります。

この2匹だけがキャッチできた奴。
小さい奴は、すれ掛かり。
背びれの辺りにシングルフックがひかかって居ます。
隣の奴も、7寸弱の小さい奴。

最後の最終堰堤では、尺上の奴が浅瀬まで追っかけてきて一暴れしましたが、うまくフッキングせず、マッハのスピードで、白泡の中に消えていきました。

ほんの1時間ちょっとの釣行でしたが、結構満足して同じ沢を下っていきました。

おじさん達の夏の小さな冒険は、あっけなく終わり  となりました。


来年は、最終堰堤の上から入渓できるところ探すという冒険ができそうです。

楽しみ!楽しみ!