最近とっても暖かくなってきておりまして、
寒がりの僕としては、少々の北風でも釣りに行きたくなってしまいます。

日の暮れも遅くなり、まずめのフラット系を狙うのには最適。

でも、近場のサーフは海草注意報が出ていて釣りになりません。
昨日も、3投して帰りました。
ラインやガイドにしこたま海アオミドロがつきます。
正式な名前は何というのでしょう。
この時期は、必ずといって良いほど発生します。

わかめの流れ着くシーズンのちょっと前?なんて感じかな〜。

今日もサーフと海の観察だけで帰るつもりが、西へ西へ移動する内に良いカレント発見。
海草も少なそうだし、制限時間までの30分間だけジグオンリーでやってきました。

カレント横の潮がよくあたりそうな所からヒットしてきました。

ヒットした直後から、フラット系だとは分かりましたが、マゴチではなくヒラメだと思っていました。

岸に近づくにつれて、首振りが大きくなったので

「あ〜、これはマゴチだ〜。」

と思った次第です。


いつものブランカ。
よく働いてくれます。
ジグは、よく無くすので安物ばかり持っています。

マゴチは、ヒラメ狙いの外道として年間に数匹。
昨年は、60cmクラスを一匹のみ。

今年は、これから何匹ヒットしてくれるのか?

この釣りこそ運だけですよね〜
狙って釣れるようになったら本物です。

今日の30分一本勝負、とっても楽しかったで〜ス。