≪里見家墓所≫
 房州(千葉県)館山十代城主 里見安房守忠義公は、慶長19年倉吉に転封されて当院門前に居住されました。しかし、元和8年29歳にして関金において逝去され、近臣8人が殉死を遂げました。遺言により、当院において葬送し忠義公と殉死8臣を御位牌とともにお祀りしています。

 このとき当院で授けた忠義公の法名を「雲晴院殿心叟賢凉大居士」といい、殉死した8人の法名にもすべて「賢」の字をつけたところから、彼らは「八賢士」と呼ばれました。のちにこれが、滝沢馬琴作『南総里見八犬伝』のモデルになったのではないかといわれています。なお、この墓所には忠義公の伯父 正木大膳と、里見家家老堀江能登守もともに埋葬されています。

 当院では、里見忠義公から寄進された「三彩稜花刻花文盤(県指定保護文化財)」を所蔵しています。
 
 【参考】
  「真相里見八犬伝(上・下)」 典厩五郎著 (新人物往来社 2000年発行)
  「すべてわかる戦国大名里見氏の歴史」 川名登著 (国書刊行会 2000年発行) ほか多数